圧倒的な効果時間を誇るシアリスを紹介!

シアリスを紹介する医師シアリスは2002年にヨーロッパで開発され、日本では3大ED治療薬の中では3番目となる2007年に認可されています。
その後、着実にユーザーを増やし続けており、2013年には全世界でその数は1,000万人を超え、ED治療薬の中では40%を超えるシェアを獲得しています。

シアリスの特徴は、何と言っても効果継続時間が長時間にわたることです。
現在、有効成分であるタダラフィルの含有量によって5mg、10mg、20mgの3種類が製品化されていますが、20mgであれば36時間は効果が続きます。
したがって、金曜日の夕方に服用すれば月曜日の朝方まで効果が持続しますから、ウィークエンドピルとも呼ばれています。

シアリスの持続時間の秘密は、タダラフィルの分子構造にあります。
タダラフィルはブロック状の分子構造をしているため、体内に時間をかけてゆっくりと吸収されることから、最高血中濃度を長時間持続できるほか、自然な形で体に馴染みますから食事の影響を受けにくく、副作用も軽いといったメリットがあります。

食事については、概ね800kcalまでであれば許容範囲とされています。
例えばカレーライスであれば700kcal前後ですから、十分に許容範囲ですが、カツカレーとなると1,000kcalになってしまいます。
したがって、揚げ物などの脂っこい食物は避け、軽食程度に留めておけば全く問題はありません。
もちろん、シアリスが体内に吸収されてしまえば問題はありませんから、その持続時間中に食事をすることは差し支えありません。

シアリスの有効成分であるタダラフィルも他の有効成分と同様に、血管拡張作用がありますから、「頭痛」「顔のほてり」「鼻づまり」「消化不良」といった副作用は発生しますが、その発生率は約3割程度と極めて低いのが特徴です。
ただし、硝酸剤や一酸化窒素供与剤は併用禁忌薬に指定されており、一緒に服用すると血圧低下を引き起こし、重篤な健康被害を被ることもありますから注意が必要です。

このようにシアリスは、圧倒的な効果継続時間から、1錠あたり1,700円~2,000円が相場となり、他のED治療薬よりも高い価格にはなります。
食事や副作用に悩まされることも少ないことから、パートナーとゆっくりとした時間を楽しみたいという方におススメできるED治療薬です。

シアリスの服用の前に併用禁忌薬をチェック

シアリスは日本で承認されているED治療薬の1つである事でも理解出来る様に、服用すると高い効果を得る事が出来ます。
特に効果継続時間が売りの治療薬であり、ウィークエンドピルとも呼ばれているように、最高で36時間もの間効果を持続させる事が可能です。
しかも他のED治療薬と比較して、食事の影響を受け難いという点でも魅力的です。
得られる効果が高いのは喜ばしい反面、効果が高いだけに注意すべき点も存在しています。

特に注意すべきなのは、シアリスには併用禁忌薬が存在している事です。
併用禁忌薬とは飲み合わせの相性が悪い薬を示す言葉です。
単体では身体にとって良い働きをしてくれる薬でも併用する事で身体に悪影響を及ぼす危険性があります。
他のED治療薬と同様に、シアリスにも併用禁忌薬が存在するので飲み合わせには注意しなければなりません。

シアリスの併用禁忌薬として、硝酸剤が挙げられます。
硝酸剤には飲み薬や塗り薬、貼り薬等の色々な種類がありますが併用すると身体に悪影響を及ぼすので絶対に避ける必要があります。
というのも併用してしまうと、急激な血圧低下を招いてしまうからです。
併用禁忌薬としては他にも一酸化窒素供与剤もあり、こちらも併用すると血圧低下を招くので避けなければなりません。

もっともシアリスは主成分であるタダラフィルによる血管拡張作用により、EDの改善効果が得られる薬です。
ある程度身体に負担が掛かるので副作用が生じる心配はあり、服用して体調が悪くなったからといって必ずしも薬の併用が問題ということではありません。

医師に処方して貰い、シアリスを購入するとなると価格は高めです。
ですが何らかの薬を常用している人は、服用する前に医師に併用が可能かどうかを相談した方が安心なので病院で処方して貰う事をおすすめします。