シアリスジェネリックであるメガリスについて

薬の研究者メガリスは、第3のED治療薬としても知られるシアリスの特徴を有するジェネリック医薬品です。
製造・販売はインドのムンバイに拠点を置くマクローズ社によって行われており、現在、10mgと20mgの製品があります。
因みに、元薬であるシアリスは米イーライリリー社によって開発されており、日本国内では2007年7月の承認を経て日本イーライリリー社より販売が開始されています。

メガリスの主成分はタダラフィルです。
タダラフィルはシアリスでも主成分として使用されており、勃起障害の原因となる酵素・PDE5を阻害することで正常な勃起を誘発する働きがあります。
メガリスは即効性には欠けるものの持続性が非常に高いという特徴があり、1度の服用で最長36時間にわたる効果が期待できることが最大のメリットになっています。
また、即効性が無いことはその分余裕にもつながり、他のED治療薬のように服用後に慌てる必要もありません。

価格が安いことも魅力の1つです。
一般的に元薬のシアリス20mgが1錠あたり2,000円程度で販売されているのに対し、メガリス20mgの場合には500円~700円程度で購入することが可能です。
10mgはさらに安く、1錠当たり500円以下の価格で販売されています。
一方、購入はネット通販に頼らざるを得ないことが難点になります。

メガリスは、現在、日本国内においては厚生労働省許可のジェネリック、海外正規ルートからの輸入は共に存在しません。
そのため購入では個人輸入業者を利用することになり、認識しておきたいのは全てが自己責任になるということです。
場合によっては偽物を購入してしまうリスクもあり、仮に服用後に体に異常を感じたとしても対処が非常に難しくなることを理解しておく必要があります。

副作用に関しては主成分が同じであることからシアリスに準じ、主な症状には頭痛や火照り、鼻づまりや動悸、胸焼けや胃のむかつきなどがあります。
ただ、シアリス自体は他のED治療薬に比べて副作用が少ないことが知られており、個人差はあるものの、遅効性の薬であるために副作用が出にくい理由になっています。
重要なのは服用できない人が定められていることがあり、ここでの内容に該当する場合には服用しないようにする必要があります。

通販でメガリスを買う前に業者の評判をチェック!

硝酸剤または一酸化窒素供与剤を飲んでいる人は服用してはいけません。
また、メガリスの服用中にグレープフルーツやその他のジュースを飲むことも重い副作用を引き起こす可能性があるので注意が必要です。
腎障害や肝障害を持っている人は、医師に相談して1回に服用可能な量を把握する必要があります。
メガリスを連続して服用する場合、間隔を最適でも24時間あけることが大事です。正しい服用方法を守って利用しましょう。

個人輸入業者を介してメガリスを購入する際、ネット通販を利用する感覚で個人輸入業者のサイトから注文を行います。
初めて利用する方は、個人輸入業者の評判について事前に確認しておくことが大切です。
信頼に足らない業者を利用してしまうと正規品ではなく偽物を購入する危険性があるからです。
信頼出来る業者を選んで確実な製品を購入するよう心掛けましょう。
評判の確認は、個人輸入業者に関する比較サイトや口コミサイト、まとめサイトを参照すれば確認できます。
同時に送料や手数料、支払い方法なども確認しておくと尚良いと言えます。

個人輸入業者で1度に注文出来る量は1ヶ月分の服用量までとなっており、1箱4錠入りのメガリスであれば7箱まで購入することが可能です。
1箱ずつ購入するよりまとめて購入した方が1箱あたりの価格が安いので、定期的な利用を考えている方はまとめ買いがお勧めです。
個人輸入業者のサイトではメガリスの他にもシアリスジェネリックを販売しています。
また、早漏予防に効果がある成分を同時に配合している製品も取り扱っています。
信頼出来る個人輸入業者のサイトでは製品を実際に購入・利用した方の口コミが紹介されており、購入を検討する際は参考にすると良いでしょう。