カマグラの効果を最大限発揮する方法とは?

現在ED治療薬は種類も豊富に揃っており、どれを選んだら良いのか迷いそうですが、ED治療薬の草分け的存在と言えばバイアグラです。
そのバイアグラのジェネリックとして人気なのがインドの製薬会社が製造販売しているカマグラです。
主成分にはバイアグラと同じシルデナフィルが含有されているので、同様の効果を期待することができるのはもちろんのこと、ネット通販で簡単に購入することができます。

時計カマグラの効果を最大限発揮するためには食事が大きく関係しています。
主成分のシルデナフィルが吸収されるまで30分から1時間程の時間がかかりますが、胃や腸に食事があるとさらに吸収が妨げられ時間がかかってしまいます。
特に脂っこい食事をすると、胃や腸の壁に油膜がついて有効成分をうまく吸収することができません。
そのためカマグラを摂取するタイミングとして食後ではなく、食前の、少なくても30分以上前に摂取するのが良いでしょう。
また、カマグラの摂取後にあまり時間を空けないで食事をしなければならない場合は、量を少なめにし、脂っこい食事を避けることをおすすめします。

また、カマグラの容量は1日1回50mg以下にするのがポイントです。
100mgの錠剤の場合は半分に割って服用します。
というのも、カマグラは体格が大きい外国人向けに作られており、個人差はありますが日本人には半分くらいがちょうど良いからです。
服用方法は水やぬるま湯と一緒に飲みます。
お茶と一緒に飲むのはNGです。お茶にはタンニンが含まれており、これがカマグラの成分と結合し吸収を妨げてしまうからです。
牛乳も胃や腸の壁に脂肪の膜ができ吸収を妨げてしまうので避けましょう。

カマグラの入手方法に関しては、病院処方のED治療薬はやはりバイアグラが多いので、個人輸入代行のネット通販サイトが簡単です。
ただ、用法用量や注意事項を正しく守り、万が一副作用が起こった場合はすぐに使用を中止し、医師と相談しましょう。

カマグラは病院処方で入手出来る?

バイアグラのジェネリック医薬品の中でも高い人気を誇る「カマグラ」は、インドのムンバイに本社を持つ製薬会社「アジャンタファーマ社」によって製造・販売が行われています。
その大きな特徴に錠形の豊富さが挙げられます。
バイアグラと同じ錠剤経口タイプだけでなく、水に溶かして飲む「発泡剤」、各種フルーツの味をもつ「ゼリータイプ」、口内で舐めて溶かすか噛み砕く「チュアブルタイプ」などがあり、好みに合わせて選べる非常に使い勝手の良いED治療薬となっています。

錠剤の種類は違えど効果には違いはなく、服用タイミングは空腹時であり食後を避けることも同様です。
ただしチュアブルタイプは体内への吸収が他のタイプよりもはやく効果発現までの時間が短いといわれており、少しでも早く効果を実感したい人には、このタイプをおすすめします。

カマグラは海外製のジェネリック医薬品であり、現在日本国内では未承認の薬となっているため国内での販売はできず病院処方されることはありません。
もちろん大手ショッピングサイトで販売されていることもなく、入手には海外のネット通販を介した個人輸入を行う必要があります。
個人輸入は代行業者もあり、簡単な手続きで海外製の薬を購入することができるため、代行業者サイトを利用して個人輸入を行うのが一般的となっています。

個人輸入を利用すれば、カマグラやその他ジェネリック医薬品も豊富な種類の中から選ぶことができ、また値段も安いなど、多くの利点がある一方、医師の診断なしで手に入ってしまうため、薬に関する注意事項は必ず守る必要があります。
用量用法は必ず守ること、そして同時に服用すると危険な「併用禁忌薬」に該当する薬を服用していないかを、事前にしっかりと確認しておくことが大切です。