男性医師カマグラはバイアグラと同じ主成分のシルデナフィルを使用していて、その効果はとても高く、EDの治療薬として一定の評価を受けています。
このカマグラはインドの製薬会社が製造しているのでバイアグラほどの認知度が有るとは言えないため、その内容や購入方法について知らない人もいるでしょう。
そこでカマグラについてもっと知ってもらうために説明しますので、EDから来る勃起不全で悩んでいる男性の治療薬の一つとして再考してみて下さい。

カマグラを通販で購入してみましょう

サイトの通販を利用するイラストカマグラに限らず、日本国内では通販会社を利用して医薬品を購入することは禁止されています。
そしてカマグラも医薬品に分類されているので、原則としては通販では入手出来ないことになっています。
しかし、通販会社を利用して行う入手方法が禁止されているだけなので、他の手段でなら通販によって手に入れることは可能になっています。
その手段とは個人輸入として購入する方法で、その方法について紹介しましょう。
個人輸入とは個人が外国の商品を直接輸入して買うことになっているので、一般に知られている通販という分類には属していません。
そしてカマグラはインドで製造されているので、この通販でバイアグラジェネリックを買うことも出来ます

そこで気になるのは個人輸入など知識も経験も無い素人が行えるのかということです。
個人輸入と言っても本当に購入したい本人が輸入の手続きを行うのではなく、実際には輸入は輸入代行業者に依頼して行ってもらい、その会社から購入することになります。
この輸入代行業者はサイトを開設している場合が多く、そのサイトを経由して買うので購入手続きは日本の通販会社を利用した場合と殆ど変わらないので安心して下さい。

ただし注意すべき点としてカマグラのような効果が有るために評価が高くなっている薬には偽造品や模倣品も多く、全ての輸入代行業者が正規品を取り扱っているとは限りません。
それは販売会社の責任とは言えない部分も有りますが、輸入代行業者を利用してカマグラを購入すればそのような可能性が生じるかもしれないので、販売先については信頼出来るところを選ぶのが重要になってきます。
そして他で設定している価格とあまりにも低い安価で販売しているものは正規品では無い可能性もあります。
価格については各販売先に提示している販売価格を比較すれば簡単に分かるので、そこからカマグラの相場を把握してどこから買うのか選定していく方法が間違いが起きる可能性が低いでしょう。

カマグラといったED治療薬を医療機関や薬局で買えば他人には知られたくない自分の悩みを知られてしまいます。
通販からの入手方法を選びたいという心情はとても理解出来るのですが、通販はトラブルが起きると解決が難しくなってしまいます。
そのため自己責任で全てを行うという意識を持ち、何か起きる前に調べられることは調べておいて、トラブルが発生しないための対策を十分に行って下さい。

カマグラの副作用には頭痛が多い

カマグラには主成分としてシルデナフィルが使われていますが、この成分はEDとなった男性の勃起不全を改善するための治療薬として高い効果を持っています。
EDになる原因の中でも肉体的な要因となっているのは血行不良が多く挙げられます。
勃起するためには、陰茎内の海綿体の毛細血管に一時的に血液が増量されなければ陰茎が大きくなりません。
血行不良の男性はこの血液の流れが悪くなっているので、勃起したいと思っても血流量が足らず、勃起不全のような状態になってしまうのです。

このシルデナフィルはバイアグラの主成分としても使用されているので、どれだけ効果が高いのか理解できるでしょう。
しかし、このシルデナフィルは血液の流れを良くするために血管を拡張する作用を持っているので、この血管拡張作用で副作用を発症してしまいます。
血管が拡張されるのは陰茎の周辺部だけではなく、体の全てで起きています。

そして頭部でも血管が拡張されてしまうため、引力の関係で流れやすくなった血液は下がってしまうので、頭部では血圧低下の状態になってしまいます。
頭部で血圧が低下して起きるのは頭痛であり、カマグラで多く発症する副作用も頭痛となっています。
他にも血液が顔面に集まりだすので顔が火照ったり、鼻の粘膜の血管が充血するので鼻づまりを起こしたりすることもあります。
血液の流れが変化するので動悸が激しくなったり、カマグラが体質に合っていなくて下痢や腹痛を発症してしまうケースも報告されています。

ただ安心してほしいのですが、カマグラを服用して発症した副作用は殆どが時間の経過と共に軽減していきます。
それはカマグラのシルデナフィルの効果の継続時間は服用してから4~6時間となっていて、効能が低くなっていけば血管拡張の作用も無くなっていって元に戻るからです。
人間の体質には個人差が存在していて、中には副作用を強く感じてしまう人もいます。
副作用で多い頭痛で我慢ができなくなったら市販の頭痛薬を飲んでも問題は発生しないため服用しても大丈夫です。
ただしカマグラは空腹状態での使用を推奨しているのに対し、頭痛薬は空腹時に服用すると胃が荒れるという副作用を持っているので、カマグラと頭痛薬を併用する時はその量を調節して服用するようにして下さい。

カマグラとバイアグラを使用し続ける時の費用の比較

カマグラとバイアグラは使っている主成分が同じなのに価格が違っています。
製造している製薬会社の所在国が異なっているのも理由の一つですが、大きな理由はバイアグラは先発のED治療薬なのですが、カマグラは特許の切れた構造式を使った後発のジェネリック医薬品であるからです。
ジェネリック医薬品の価格が安く設定出来るのは、医薬品の開発費が殆どかかっていないからです。
新薬の開発で最も多くの費用を必要とするのが開発費で、その開発費が不要となれば価格を低くするのは簡単になってきます。

ジェネリック医薬品は特許の使用期限が過ぎてから製造出来るので最新の技術ではありません。
現在発売されているED治療薬は多少の改良は有っても主成分や効能には大きな違いが無いので、ジェネリック医薬品だから効果が低いというようなことは起きません。
ED治療薬は根本的に勃起不全の体質を変えてくれる作用は持っておらず、性行為をする度に服用しなければ効果が出なくなっています。

そのため何回も服用することになってくるので、価格が高ければ費用負担が大きくなるばかりです。
価格の安いジェネリック医薬品なら費用も抑えられて負担も軽減されるのですが、治療薬として効果が低ければ価格が安くても意味が有りません。
ところがカマグラはジェネリック医薬品なのに効果の高さは立証されているので、長く使用するED治療薬としては最適な薬と言ってもいいのです。

男性の性欲は加齢から減退はしますが、完全に失うような事態は病気などにならない限りは生じません。
そして性欲を満たすには陰茎が性的興奮を感じなければ満足するのは無理で、この満足を得るためには勃起をしなければ起きない仕組みになっています。
それは男性が性的興奮を強く感じるのは陰茎でも亀頭の部分であり、この亀頭は勃起をしていない状態では性的な興奮を強く感じられなくなっているからです。

男性は射精をしなければ最高の満足感というのが感じられなくなっていて、勃起をしていなければいくら刺激しても射精が難しい身体構造となっていて、勃起をするというのはそれだけ重要な現象となっているのです。
男性の寿命も昔より延びていて、それに伴い性行為をする期間も長くなっています。
性行為から来る満足感や幸福感をこれからも得ていくために、体質の改善と共にカマグラといった治療薬も上手く使って、これからの人生を楽しいものにしていって下さい。

関連記事